読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばめ

ようこそジョイフルへ

すっかり

10月の10日あたりに上越新幹線 終点の街に越して、あっという間に一か月経ってしまいました。

 

これまで存分に東京で生活に逼迫しながらもひとりを満喫してきた人間が、明日からは他人と、しかも成人男性と暮らすと。

 考えるとダメになるタイプゆえ、あえて何も考えない戦法をとっていたにしても、いかんせん未知なことがありすぎる。

付き合ってから同じ部屋で何度も寝たけど、暮らしを共にするとなると、それはもう全然。

 

今までのように、休みの日は夕方まで何もしない・買い物だけで終わらすようではいけない…マジで…毎日なんらかの成果を残さなきゃ…と張り切ったり、

しかし仕事もしていないので、家守りの身としては仕事から帰ってくる相手をどういう顔で迎えたらいいのか、帰ってきたタイミングですぐ夕食にしないといけない…?と、これまで感じてこなかった細かい事案がドドドと襲い、一週間程経った頃、見事に夜中にメシを吐き体調を崩し病院にかけこみました。

 

 一時は入院もあやぶまれたけど、単なる便秘のひどいやつだったとかで数日後には元通りに。

 

チャリを手に入れてからは、えっさほいさと区役所、暮らしの整理に必要な整頓グッズ、急激に冬を迎えたマチに適応するための服なんかを買いに走る走る。

そのおかげで、早い段階で近所の地理と、それぞれの食品を買う店の脳内マップが出来上がったと思う。

 

それからしばらく実家の両親を新潟に呼び、

こっちの両親との顔合わせ食事会兼、結納会を。

実家の両親が見事にやらかしてくれてわたしは改めて、結婚とはかくなるものか…と洗礼を受けた気持ち。

たぶん受けなくてもいい洗礼だった

 

そしてだいたいの大型イベントが終了したので、そろそろ仕事を再開しなければ、というところ。

 

新潟に越して一か月ということは、仕事をやめてはや一か月半くらい経ち、その間まともな社会人との交流がゼロだったため、面接申し込みの電話ひとつでひどいワキ汗をかいた。

そしてなんやかんやと考えあぐねた末、前職と同じ職種を受けることに決めてしまった…

 

前職のことは、忘れるつもりで臨もう。

MAX

f:id:tsubame0703:20160921220645j:image

 

9月の三連休はお連れ合いさまの引っ越しでした。

 

わたしは10月から越すので、それまでは広い部屋でひとりぼっちにさせてしまうけど

もう少しだけ待ってて、という気持ちです。

 

 

東京を離れることになり、これまで東京で関わってくれたひとたちとごはんに行く機会がふえました。

しかしいくら恩義があっても、過去助けられたとしても、

思考が合わない人は合わないものなのかなあ、と思いながら新宿のロッテリアでココアをすすっている

(わりとすごく失礼なことを言ってるんだろうな。。)

 

別にこれから死ぬ!と言う訳ではないので、離れるからって会っても会わなくても何も変わらなかったかなあ、なんて。

単に飲みの席が楽しくなかった、それだけです。

 

さ、帰ろう

民族大移動

この秋、わたし含め周辺がもっぱら引越しラッシュ。

春でもないし、海外帰りの新社会人もいませんが、たまたま重なりそれを某友人は民族大移動と形容しました。

 

ある友人は社会人として益々の自立をはかるため、実家を離れ同市内で一人暮らしへ。

またある友人はお相手との結婚を前提に同棲、実家を脱し隣県の主要都市へ。

 

そしてわたしも今冬の入籍を前提に東京から新潟へと移ることへ。

(大移動と呼べるのはわたしだけであるが)

 

東京に越してきたのは2013年春、就職のため上京し、いまの部屋には満3年と半年ほど住みました。

その間、初めての就職から2ヶ月でまさかの入院・復職、やはりやっていけない…と腹を決め同じ年の末に退職。

その後いまの職場への転職があって今へと至るのですが。

一人で考え、決め、行動し、いち社会人として様々な経験をしたおかげで、

少しは大人になれたかなあとセンチメンタル振り返り期間に突入している次第です。

 

上京から2年が経った時、部屋の狭さに嫌気が差して本気で都内での転居を考え、

引越資金として貯金を始めていたのですが、めでたく今回の人生の転勤に引越資金を充てることになり

その当時は今の相手と出会ってもなかったけど

実はこの為だったのか〜!と都合よく解釈します。

 

幸い相手の多大ながんばりにより物件も早々に決まり、

諸準備・諸連絡も休みを利用してゆっくりやってます。

先に引越しを済ませた友人らの話を聞くと、

相手との意思確認が出来ておらず、当日の運搬トラブルに発展したとか

業者の雑な対応にあやうくダマされかけたとか、

これは我々も最後に何か爆弾があるのでは…と慄いてしまうなど…。

 

引越しまで、あと一ヶ月とちょっと。

トリップしようよ

7月の3連休で、九州へ帰省しました。
こんにちは。

初めてのお連れ様を携えての帰省ゆえ、地元滞在日数は1日。
ひとりで帰省しても、1日半あれば最低限の人間には会えるしちょうどいいかなという気持ちが年々強くなりつつもあります…

しかし東京-九州では帰省頻度も限られてくるので、
なんだかんだで楽しみです。
数少ない友人に会うプランは絶対、
行きたいとこもあらかじめリストアップしておくマメぷり。

こういう時、いつもは家族で行き慣れたお店が圧倒的に多いけど、
今回お連れ様は初めてのわたしの地元だし…!ということで
わたしも見栄を張り、得意のエゴサを駆使し地元では老舗のお茶屋さんがやってる和カフェを訪れました。



わたしのつたない写真で申し訳ないですが、それでも伝わってほしい。
好きな人にはビビビなやつですよね!
(言葉で表現できてない上に表現がダサい)

なんでも古くは眼科だった建物とのこと。
玄関先には受付窓口のような造形が残っていました。

窓は日よけがかかっていて撮れなかったけど、
窓枠は当時のをそのまま使っていたり
天井の梁も立派だし
机や椅子もきれいだけどあくまでシンプルなもので、建物が活かされていた印象。

お手洗いなどもきれいで、満足でした。

そしていただいたのはこれ

抹茶のアイスとお茶は玉露白折のセットだったかな。
オマケの落雁
くまモンもどきはもらいもの。


閉店に近い時間だったのでメニューの選択肢が限られた中ではありましたが
やっぱり、お茶屋さんだからお茶がおいしい。
自宅でも上手く淹れられるようになろう…!


東西新聞の文化部の面々だって、夏の暑い時こそアツアツを!ってほうじ茶を飲んでた。(©美味しんぼ)


わたし含め全員初めてのお店だったのですが、とても満足していただき
友達の、また来ようかな との発言により、わたしの自尊心は満たされましたまる

わたしは月1で通いたい…!


・丹羽茶舗喫茶室
大分県中津市京町1
http://tabelog.com/oita/A4404/A440401/44007693/
公式: http://niwachaho.jp/kissa

プチトリップ

沖縄に行ってきました。

現自宅から徒歩10分の沖縄 in 杉並区。

その近さゆえに(?)何年も行けずにいたけど
お連れさまの上京チャンスをきっかけに、連れて行きました。

結果としては
”どーして!もっと早く行かなかったのだ!”とゆーものに。


オリオンビール
小さい頃、沖縄には2回連れてってもらってますけど
さすがにいただくのは初めて、苦みがしないビールが好きなのでとても飲みやすくてカンドー!


ゴーヤーチャンプル、ラフテーもいただきました。
ゴーヤーのほのかな苦味がおいしくもあり、しかし口をさっぱりさせたくもあり(?)、ビールがすすむすすむ〜!

このほか、”どぅる天” という、揚げ物なんだけど、中身が柔らかい、なんとも不思議な天ぷらも頼みました。
(すぐ食べちゃって写真ありませんが…。
すり身の中に椎茸や人参がまぜこまれていて、味のベースはカツオだしゆえに、とってもいい香り。

どぅる天だけでビールをガーと飲めそうな勢いでした。。


今のお部屋は残り数ヶ月のお付き合いになり越してしまうため、
ここは新宿から数駅とは言えなかなかの地味さだし
わざわざ訪れることもなさそうな気がするので、
とりあえずは在京中に再訪が目標です…!


・てぃんさぐぬ花
東京都杉並区和泉1-3-15 沖縄タウン大都市場内
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131808/13125824/


ごちそうさまでした。

夏だし

ブログはじめました。自己紹介をします。

九州出身、東京在住です。
鉄道、音楽、外食、料理、地方都市、テレビ、ラジオ が好き。
 
 
ブログの魅力に最近気付き、
わたしも少しずつ好きなものについてちゃんと書けるようになりたいなあ と思った次第です。
 
 
思い出話や、寝る前にだらだらと長文を書きたいとき、好きなものや、気になっていることなどを中心にときどき書いていきたいです。